クリンプフォースモニター CFM

クリンプフォースモニター CFM

製品紹介
端子圧着不良検査装置CFMシリーズは
不良発生時の僅かな圧力変化を捉えて、その流出を防ぎます。
芯線のブツ切り、端子打ち落とし、皮剥き無し等の重大不良の他に
次の不良も検出します。

<芯線はみ出し> <被覆噛み>
<芯線浅打ち>    <C/H不良>


CFMは国内・国外の圧着機メーカーに搭載可能です。
古いプレスに後付けも出来ます。
自動機用にセンサー2チャンネルタイプと手動機用に
1チャンネルタイプを用途別、地域別に沢山用意しています。

モデル:CFM-MX(N)10 、CFM-MX(N)20
  1CH/2CH  累計出荷台数1万台。
 圧着検査の標準機として
 世界のワイヤーハーネス工場で使用されています。
 ネットワーク拡張性を持ち、高度な品種管理、
 トレーサブルなデータ管理が可能です。

モデル:CFM-AP
   1CH             半自動圧着機専用モデルTFTタッチパネルを
  採用し、圧力波形のモニターとユーザーライクな
 操作性を実現しました。

 
モデル:CFM-SOL
 1CH/2CH   中国向け

カタログ PDFダウンロード




 

▲ Page Top