圧電式ひずみセンサ

圧電式ひずみセンサ

製品紹介
セラミックスの圧電効果を利用したボルト固定タイプのひずみセンサです。
構造部材の動的および準静的な表面ひずみの変化を測定します。

負荷が加えられたときに比例して生じる構造物のひずみをセンサで測定することにより、間接的に荷重の測定を行うことができます。
荷重の変化によりひずみが発生する部位にセンサを取付け、センサ設置面の伸び縮みを検出し、その距離の変化に応じてセラミックスから電荷が発生します。

また、事前に校正を行っておくことにより、得られたひずみ量から構造部材が受けている荷重を測定することもできます。
測定素子には、水晶と比較して桁違いに感度の高い圧電セラミックスを使用しており、非常に微小なひずみ(荷重)を捉えます。

【主な用途】
■プレス加工
■圧着加工
■圧入加工
■溶接加工
■切削・研削加工機械の自動化
■組立設備の自動化


・電荷出力型 圧電式ひずみセンサ 
カタログ PSA PDFダウンロード

・電圧出力型 圧電式ひずみセンサ 
カタログPSS25/50/100 PDFダウンロード

▲ Page Top